スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70~74歳の医療負担引き上げ…特例措置廃止

70~74歳の医療負担引き上げ…特例措置廃止

政府・与党は、70~74歳の高齢者が医療機関で払う自己負担を1割に据え置いている特例措置について、2014年1月から段階的に廃止し、医療制度改革関連法で定めている本来の2割負担に引き上げる方針を固めた。  与党では、参院選前の引き上げは負担増になる高齢者の反発を招きかねないとして、13年中は特例措置を継続し、14年1月以降、70歳に到達する人から順次、2割負担とする方向で調整している。これに関連し、田村厚生労働相は27日の記者会見で「景気を良くするのが前提条件だ」と述べ、引き上げ時期を慎重に判断する考えを示した。。

公的医療保険 国民健康保険

  • 自営業者・退職者などが加入する保険
  • 健康保険:民間サラリーマン・給料により天引き
  • 共済保険:公務員などが加入する保険 高額療養費(70歳未満の場合)

自己負担限度額

  1. 低所得者 35,400円
  2. 上位所得者 (標準報酬月額53万円以上) 150,000円+(医療費-500,000円)×1%
  3. 1,2以外 80,100円+(医療費-267,000円)×1%

出産関連

出産手当金
標準報酬額日額の3分の2相当額
出産一時金
1児ごとに35万円 任意継続被保険者
2ヶ月以上継続して健康保険で被保険者だったものが被保険者でなくなった日から20日以内に届け出をした時、退職後任意継続被保険者として健康保険を継続することができます。
(2年間) 国民健康保険 保険料 被保険者が全額負担します。保険料は各自治体で決める
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。