スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険料について(日生、保険料据え置き)

日生、保険料据え置き=他社の価格戦略に影響
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/insurance_companies/?1358637945

日本生命保険は19日、4月以降の新規契約に適用する生命保険料を据え置く方針を固めた。 生保が保険料を決める際の基準を金融庁が4月に改定するのに伴い、各社は一斉に値上げに踏み切るとみられていた。 日生は他社商品よりも価格面で優位に立ち、顧客拡大につなげたい考えとみられる。
【死亡保険】
被保険者が死亡、高度障害状態になったときのみ、保険金が支払われる保険。
【生存保険】
被保険者が保険期間内に死亡せず満期まで生存していた場合に、保険金が支払われる保険。
【生死混合保険】
死亡保険と生存保険の組み合わせた保険。
【定額保険】
保険金額を契約時に定めた金額で保障される保険。
【変額保険】
保険金額を運用実績によって変動する保険。
 
【定期保険】
一定期間で保険期間内に死亡・高度障害になった時保険料が、支払らわれる保険
(掛け捨てで貯蓄性がない分保険料が安い)
【終身保険】
保障は一生続き死亡・高度障害になった時保険料が支払らわれる保険
(貯蓄性があって定期保険よりは保険料が高い)
【養老保険】
一定保険期間内で死亡・高度障害になった時保険料が支払わる保険。
(満期まで生存したら死亡保険と同様に支払われる
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。