不動産

不動産登記簿

不動産の概要や権利関係を把握するための不動産登記簿
(表題部・権利部・甲区・乙区)
と仮登記の効力・登記の対抗力などが出題されやすい。
   

不動産の価格・土地の価格

不動産登記簿以外に不動産について確認すべきもの(登記事項証明書)
現地の調査。原価法・取引事例法といった鑑定評価手順などが出題されやすい。
実勢価格・公示価格・基準値標準価格・路線化価格・固定資産税評価額
などが出題されやすい。

不動産売買

不動産の契約(手付金・危険負担瑕疵担保責任)や宅地建物取引業
に該当する行為などが出題されやすい。

借地借家法

普通借地権・定期借地権(一般定期借地権・建物譲渡特約借地権・事業用借地権)
の違いが出題されやすい。

建築基準法  
道路・防火地域・用途制限・建ぺい率・容積率などが出題されやすい。(記述試験対策)
 

税金の特例

居住用財産の特例・3000万円特別控除・居住用財産の軽減税率
特定居住財産の買換え特例・相続取得の居住用財産の買換え特例などの
違いが出題されやすい。 

不動産の有効活用 
自己建設方式事業嘱託方式・土地信託方式・等価交換方式・定期借地権方式など
の比較が出題されやすい

不動産は難しいですね。
でも記述試験用にしっかり押さえておきましょう
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント